尾瀬の自然を守る会から脈々と尾瀬の自然を守ってきました

"NPO法人尾瀬自然保護ネットワークは、尾瀬で自然保護活動を行っているボランティア団体です。 尾瀬を訪れる人を対象に入山指導、自然解説、観察会などを行っています。 活動を通じて自然環境保護意識の普及、啓発に取り組んでいます。

活動の様子

理事長あいさつ

 私たちは“貴重な尾瀬の自然を後世に伝えよう”をモットーにして、尾瀬国立公園で自然保護の実践活動を行っている民間のボランティア団体です。
 その主な活動は、尾瀬を訪れるハイカーを対象にした自然環境教育事業、尾瀬の自然保護に関する調査研究事業および自然環境保護に関する普及啓発活動などを通じて、自然と人間が共存できる豊かな社会の実現を目指しています。

 尾瀬という言葉を聞くと、皆さんはどのようなイメージをお持ちになるでしょうか。
広大な湿原に真っ直ぐ延びる木道、雪解け水に微笑むミズバショウ、生命感あふれるニッコウキスゲの大群落あるいは狐色に輝く草紅葉など、大自然の風景を思い起こすでしょう。
 しかし、これらの尾瀬を代表する自然も絶えず変化しています。例えば、ニッコウキスゲの大群落はニホンジカの食害により激減してしまい、もはや過去の風景になってしまいました。


 尾瀬の自然は湿原・池塘・湖・山岳など極めて繊細で脆弱な生態系によって成り立っています。学術的にも非常に高い価値を有し、人為的影響を最小限に抑えなければならない貴重な自然です。その利用には細心の注意が必要です。このため尾瀬の核心部(9,386ヘクタール:尾瀬全面積の25%)は法律によって「特別保護地区」と「特別天然記念物」に指定され、厳重に保護しなければならない自然として、現状変更や自然を傷つける行為は禁止もしくは厳しく制限されています。

 最近の尾瀬は、ニホンジカの増加による高山植物の食害と湿原の掘り起し(裸地化)が大きな問題となっています。さらに至仏山や燧ヶ岳の登山道の荒廃と植生復元、鳩待峠の一極集中入山、負の遺産問題(過去のゴミ大量投棄の後始末)、木道や公衆トイレ等のインフラの維持管理など、大小様々な課題を抱えています。
 周りの環境変化に気が付かず、いわゆる「ゆでガエル現象」に陥らないためにも、安易に都会の利便性を持ち込む施策や観光地化を目指すような利用は戒めなければなりません。特に「特別保護地区」においては、厳正な保護と秩序ある利用とのバランスを図ることが重要と考えます。
 生物多様性の確保に重点を置いた長期ビジョンに基づき、各種施策が着実に実施されることを切に願っています。

 私たちは尾瀬を訪れた時のあの感動を次世代に伝えるために、特定非営利活動法人(NPO)としてフィールド重視の実践活動を通じて、尾瀬国立公園の自然保護活動に取り組んで参ります。皆様方のご支援・ご協力を心からお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 尾瀬自然保護ネットワーク
 理事長 磯部 義孝

活動の様子

会の成り立ち・歴史

1971年の「尾瀬の自然を守る会」から1997年「NPO法人尾瀬自然保護ネットワーク」設立の歴史について。

 もっと詳しく 

規約
規約

NPO法人 尾瀬自然保護ネットワーク 定款


 もっと詳しく 

会報一覧
会報一覧

【尾瀬ネットワーク通信】活動報告、勉強会の内容など年間4回発行される会報誌です。

  もっと詳しく