装備と準備
無理のない計画を立てましょう

 尾瀬ヶ原や尾瀬沼は2000m級の山々の稜線内という場所にあります・・・ 尾瀬は 多くの高い山々(至仏山2228m ・ 八海山1811m ・ 景鶴山2004m ・与作岳1933m ・ 燧ケ岳 ひうちがたけ2356m ・皿伏山1917m ・ 白尾山2003m などの)に囲まれた盆地状に成っているのです。
   つまり尾瀬ヶ原や尾瀬沼の自然に触れるにはそれなりの高さの峠を越えなければたどり着けないのです...  入山口によっては 下りだけというルートも有りますが 同じ場所に戻るなら 必ず帰りは登らなければいけない・・・と言う事を忘れないで下さいね・・・  行きばかりではなく、帰りの体力を残して歩くように心掛けて下さい。

写真クリックで拡大
   尾瀬は高層湿原で有る事からも 判る様に・・・湿原の植物は 雨水や残雪に頼らなければ育たない場所なのです・・・  言い替えると 雨や雪が非常に多い土地であるからこそ・・・尾瀬の湿原が存在しているのですね。

山での行動

山の天気は変わりやすいものです。。。
 出来るだけ朝早くに出発して、遅くとも午後3時ごろ迄には 下山または目的の山小屋には着くように行動しましょう・・・ また、尾瀬ヶ原から見える燧ヶ岳(ひうちがたけ)や至仏山 景鶴山などは、は楽に登れそうに見えますが、実は2000mを越す山なのです、周りには 標高の高い山ばかりなのです・・・

 ですから 夏とは言えども 朝夕は結構 冷え込みます・・・  自分の体力や・登山経験などに合わせた、無理のない行動 を計画いたしましょう。。。

服装・防寒

服装 アブやブユや蜂などのにさされたり・・・また、枝や岩で思わぬ ケガなど をする事がよく有りますので・・・出来るだけ長袖・長ズボン 帽子などを着用で 行動しましょう。

 そして 靴は 登山用 または トレッキングシューズ の様な 底のしっかりした靴 をお薦め致します・・・

 スニーカーやパンプスやサンダルなどは 絶対にやめましょう・・・

 また、荷物は・・・なるべく リュックを背負い、両手はいつも空ている様にしましょう。 

山での注意 - 雨・雷

一日に一度(多くの場合夕方)は雨が 必ず降ると思っていて下さいね・・・
  かならず雨具の用意をして行きましょう・・・雨に濡れると尾瀬のような高所では、とても寒い思いをするものですよ・・・
  楽しい思い出と共に、風邪ひいて 持ち帰ることの無いようにしましょうね!。

 尾瀬の様な 高所では雨は上からばかりでなく、横からも吹き付ける事があり有ります・・・
雨具は傘だけではなく、上下セットのレインスーツなどがお薦めです、 特にゴアテックス製などはお薦めです。  
 山道を歩く為の基本としては 両手は常に空いた状態でいる (荷物を手に持たない) ように心掛けましょう・・・

 ころんだ時などには 両手が空いているか いないかでは怪我の度合がかわってきますよ。

 

防寒具 夏の尾瀬では 毎日のように夕立が降りますが、夕立が降ると急に温度が下がります・・・たとえ 朝晴れていても 雨具( 傘やレインジャケット レスキューシート) や 防寒具は (薄手のダウン などの用意もされていると、 もしもの時には良いですよ) 必ず用意して出かけましょう・・・

  また 行動中に雷雨にあったら、すぐ近くの山小屋か森林の中に避難しましょう。


ベストシーズン

尾瀬は5月~11月がもっとも美しくまた行動しやすい季節です。 それぞれどの季節も違った良さがあります。

長い冬から目覚めたように動き出す季節です。 5月下中から6月には多くのハイカーのお目当てであるミスバショウやリュウキンカが咲く美しい風景を見ることができるでしょう。

夏は最も人気のある季節です、それに加えて天候も良く、気持ちの良い気候は人々を尾瀬へと向かわせます。特に夏の代表格のニッコウキスゲが咲く7~8月は最も美しい風景です。 トンボやチョウも活発になり乱舞する光景がみられるでしょう。

足早にやってきます。8月下旬には草紅葉がはじまり、森ではナナカマドやカエデが赤く燃えダケカンバやブナの黄色が彩る風景を見ることが出来るでしょう。初雪の便りは9月下旬から届きます。

白一色の世界に包まれます。積雪は3m近く、気温は氷点下30℃になる凍てつく世界です。春の訪れまで人を寄せ付けない世界に変わります。


おすすめコース
日帰りコース
  1. 初心者トレッキングコース《ほぼ平坦な道》

    鳩待峠山ノ鼻牛首分岐ヨッピつり橋竜宮十字路

    約6時間 総距離:約16km
  2. 初心者トレッキングコース《比較的歩きやすい山道》

    大清水一ノ瀬三平峠三平下尾瀬沼大江湿原

    約6時間 総距離:約22km

  3. 初心者トレッキングコース《山登り有 初心者はベテランと》

    鳩待峠山ノ鼻研究見本園至仏山小至仏山オヤマ沢田代鳩待峠

    約5時間 総距離:約11km

宿泊コース
  1. 尾瀬らくらくウォーキング《1泊2日》

    昼に鳩待峠に到着して至仏山に泊まるゆったりプラン。

    鳩待峠 至仏山荘 見本園 牛首分岐

    約2時間半 総距離:約7km

  2. 尾瀬ヶ原トレッキング《1泊2日》

    地塘に映る燧ケ岳を眺め、多くの花々を楽しむ魅力的なルート。

    鳩待山荘 山ノ鼻 牛首分岐 ヨッピ吊橋 東電小屋

    約6時間10分  総距離:約20km

  3. 尾瀬横断トレッキング《2泊3日》

    尾瀬の多彩な魅力を満喫するルート。

    鳩待峠 牛首分岐 元湯山荘 三条ノ滝 沼尻 尾瀬沼山荘 大清水

    約13時間20分 総距離:約28km

トレッキングマップ

大きい地図はこちらから。


ビジターセンター
尾瀬沼ビジターセンター
  • 開館時期
  • 5月中旬 ~ 10月下旬(開館期間中は休館日なし)
  • 開館時間
  • 7:30 - 16:00
尾瀬山の鼻ビジターセンター
  • 開館時期
  • 5月中旬 ~ 10月下旬(開館期間中は休館日なし)
  • 開館時間
  • 7:30 - 18:00(窓口案内は16:00まで)

マナー&ルール
木道を歩きましょう

毎年、枯れた植物が寒さのため完全に腐りきらずに泥炭という形で段々高く積み重なってできたのが高層湿原です・・・  尾瀬の高層湿原は1年に1mmづつ高くなっているそうです 随分と時間が掛かりますね・・・湿原の表面は生きたミズゴケによって覆われています。  尾瀬のような高層湿原では 水を貯えてくれるミズゴケが生育しているからこそ、ほかの美しい高山植物達が花を咲かせてくれると言っても過言ではありません。   また、ミズゴケは湿原の表面を覆うことによって、泥炭が流れることを食い止める役割も担っています・・・このミズゴケは踏みつけには大変弱く そして成長が遅いのです、 一度枯れると復元は容易ではありません。  木道を外れて ミスゴケを踏みつぶす事を繰り返すと、ミズゴケが枯れ、ミズゴケの下にある泥炭が雨水により流されてしまいます。  この様な事から 木道を歩いて頂きたいのです・・・自分達で この自然を残そうと 思って下さい・・・

ゴミは持ち帰りましょう

「ゴミ持ち帰り運動」 という言葉を聞いた事が有りますか?・・・「ゴミ持ち帰り運動」とは、自分で出したゴミは、持ち込んだ場所に置いて帰るのではなく 自宅まで持ち帰り始末をしましょうという全国的な運動です・・・  尾瀬は大自然の 山の中に在るのですから 当然 ごみ箱の用意は有りません・・・  自分で出したゴミは 美しい大自然の尾瀬に隠して帰るのではなく・・・自宅まで持ち帰って下さいね!。  また、帰りのバスの中に置いて帰る人がひじょうに多いのですが、自分のマナーの悪さと 育ちの悪さが出るのです バスの中はゴミ箱でも 有りません・・・  マイカーの通行規制期間中のシャトルバスの中に置き去りにされるゴミの量が多い様です・・・バスが停まるたびに運転手さんがバスの中を掃除しています・・・申し訳ないですよね!。  山の危険な区間、私達を運んでくれ運転手さんに迷惑をかけない為にも、バスの中にゴミを置いていく事の無い様に いたしましょう。 写真クリックで拡大  「ゴミ持ち帰り運動」の発祥の地は 尾瀬なのです・・・発祥の地でこの運動が守られないと、尾瀬意外の他の地域で行われている 同じ運動にも影響が出ます。  日本の素晴らしい景観を守り、いつまでも 誰もが 楽しむ事が出来る様に・・・尾瀬での運動にご協力下さい。  自分が訪れた時だけ 美しければ良いというものでは有りませんよね!・・・次に訪れる尾瀬を愛する人や 初めて尾瀬に来られる方の為、または 自分がまた来た時にも 美しい大自然の尾瀬に出会うためにも、ゴミは家まで持ち帰りましょう。

持ち帰れるのは美しい思い出だけ

尾瀬国立公園は 栃木県の日光国立公園の隣りに位置して 新潟県 福島県 群馬県に囲まれています。  国立公園とは、日本を代表する自然の風景地として国が指定し、管理する公園です・・・しかも尾瀬地区は自然公園法によって特別保護地区 (行為等が厳しく制限されます)と、文化財保護法で特別天然記念物 (破壊等が厳しく禁止されます) に指定されています・・・植物、昆虫、動物を持ち帰る事は出来ないのです。  また、小さな石や 枯れ枝、枯れ木、枯れ葉でさえ、移動する事もしては いけない場所なのです・・・植物が枯れていても、それは次に育つ植物の為に有るものです。  枯れたものだから、落ちているものだからといって移動してしまうと、微妙な自然のバランスが崩れてしまうと言う事を忘れないで下さい。持ち帰るものは美しい思い出にしましょう・・・忘れたくないものは写真に撮る、スケッチする事にしましょうね。


ペット

ペットを一緒に連れて 尾瀬に入るのもやめましょう・・・当然の事です。   尾瀬には、そこで暮らす動物たちがいます・・・ペットを持ち込む事で 動物達の生活も変わってしまうのです・・・今は シカ 鹿での被害 が 酷い状態になりつつ有りますので ・・・ましてやペットの同伴はダメですよ!。


携帯電話

自然を観察しながら 歩こうとする人は・・・普通のコースタイムの1.5倍~2倍くらいの時間を 予定しておきましょう・・・ 思いの外 結構な時間を取ってしまいますから!。。。  尾瀬では・・・携帯電話は使用出来ませんので、電源をお切りになって下さい・・・ 山小屋などには 緊急用に衛星電話は有ります・・・  自然保護の観点から 携帯電話基地局の設置は されないので 使用が出来ないのです。。。


公衆トイレ

公衆トイレは山小屋の存在する場所に設置されている。チップ制が採用され、使用料(1回100円程度、沼尻では200円)を入口の箱に投入するというようなシステムになっている。