「尾瀬の自然を後世に
伝えよう」

このキャッチフレーズとともに 私たちは一緒に活動を行っていただく皆さんのために研修活動を行っています。それが尾瀬自然保護指導員養成講座、通称「尾瀬アカデミー」です。
実際に尾瀬へ行って学べるフィールド研修を主体に現地で2日間過ごしたのちには、あなたも立派な指導員「尾瀬インタープリター」として活躍の場が広がります。


尾瀬アカデミー講座概要
  1. 講座内容
    インタープリターとして必要な「尾瀬の自然」・「尾瀬の成り立ち」・ 「自然保護運動の歴史」等の基礎知識を学習し、また木道を歩きながら尾瀬の 花や樹木の説明、尾瀬の保全状況また特別保護地区の課題等を学びます。
    ※インタープリター=自然と人との「仲介」となって自然解説・説明を行う人
  2. 現地研修
    • Aコース—-群馬県側
    • Bコース—-福島県側の2カ所で2回開催
      *コース選択は自由です
  3. 応募資格
    満18歳以上で、上記講座の全課程を受講できる方および本会の「尾瀬インタープリター」となって、会の趣旨に沿った活動をすすめる意欲のある方
  4. 募集人員
    • A、Bコースあわせて15名
      申し込み多数の場合は書類審査を行なう場合がありますので、予めご了承ください。
  5. 講 師
    本会の尾瀬自然保護指導員

    • 群馬県側: 大山昌克、須賀邦雄
    • 福島県側: 鍋山智之、 刀光夫(理事)
    • 総合アドバイザー:  磯部義孝
  6. 受 講 料
    • 2回分で26,000円(宿泊費、食費、テキストブック代、保険料等を含む)
      ・受講料は第1回目参加のときにご用意ください。
  7. 入会金・年会費
    入会金3,000円、年会費3,000円をご用意ください。
  8. 修 了 証
    上記講座の全課程を修了した方には活動終了日に「修了証」「ピンバッチ」を授与いたします。
  9. その他
    2年目以降、フォローアップ研修1日を予定しています